google.com, pub-4875560181073027, DIRECT, f08c47fec0942fa0 面談がありました - サルもネットから落ちる

面談がありました

日記

昨日、支援センターの方(支援員さん)がグループホーム(以下GH)に来て、面談をしました。

支援センターといきなり言っても、イメージし辛いですよね。

ざっくりいうと「心の病がある方が地域の中で安心して自分らしい生活が 送れるよう、さまざまな支援をするところ」だそうです。HPから引用しました。

面談は定期的にあります。

入院しているときは病院まで来てくれました。(暑い時も寒い時も本当にありがとうございました)

モニタリングは、体調や生活、短期目標と長期目標の進行状況など確認と、今後の支援計画の話し合いが主です。

私は病気のことや自分のこと、家族のことになると、どうしても言葉が出てこなくて(のどが詰まってしゃべれなくなって、冷や汗が止まらなくなって本当につらいです)、GHの職員さんが代わりに伝えてくれます。

私の目標をいくつか挙げると、

1:グループホームでの生活に慣れ、新しい生活に自信を持てるようになる。

2:他の入居者さんと交流をもって人間関係を構築していく。

3:体調を大きく崩すことなく、日々過ごせるようになる。

4:無理なく安定して学校に通えるようになる。

etc.

どれくらい達成できているか、継続していくかを、支援員さんに報告します。

支援センターの担当者さんは、前回の面談からの進捗を確認して、今後の目標の調整、再設定をします。

需要があるかわからないけど、もう少し具体的なところも、また書かせてもらいますね。

今日は、ここまでで許してください(笑)

またね^^

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 62eea3232d9d58e1bca3c3d1352598e3.jpg

コメント

タイトルとURLをコピーしました